まともな大人なら必ず携帯

CATEGORY

CALENDAR

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

RECENT ENTRY

印鑑の種類と活躍する場

» READMORE

印鑑はきちんと管理する

» READMORE

優良業者が作るこだわりの印鑑

» READMORE

自分だけの印鑑をネットで依頼

» READMORE

実印と銀行印について

実印はいわゆるハンコを役所に登録したものです。これには大きさや小ささが決められています。その中から適当な大きさのを作るのですね。実印は大抵はハンコ屋で作りますね。素材は昔は象牙とか水牛が多く用いられていました。今は象牙はワシントン条約で輸入も制限されています。なぜこれらを使用するかと言えば、変形することが少ないのが良いと思われていたのでしょう。いまは柘植の印章が多いと思います。
また偽物が真似やすい機械彫りはあまり向いていません。やはり手彫りがいいと言われています。市販で売っているハンコは同じようなものが数多くあるので実印には適していません。それで実印は公的な書類に多く使われます。これに印鑑証明書を添付すれば公的な契約書等ができます。まあ成人になったらハンコ屋で1個は作っておくことをすすめます。字体も結構凝ったものが多いですね。
一方銀行印は銀行と取引をするときに、自分であるということを証明する印章です。これも銀行によってそれぞれ違いますが、大体大きさも小ささも決められていることが多いです。変形しやすいゴム印とかはあまり認めらていません。これも実印と同じく偽物がすぐ作られるような市販の印章はあまり芳しくはありません。急いでいるときには苦肉の策として売っていた印章のどこかに傷をつけるとか欠くことをお勧めします。すると世界で1個しかないハンコになります。

実印と銀行印の重要性

大人になってくると、実印や銀行印が必要となってきます。まず、実印についてですがこちらについては自分の印鑑となりますので絶対に、他人に貸したりむやみやたらに押したりしてはいけないのです。その理由としましては、実印は自分の印鑑を証明することになりますので、借金等の申し込みやその他の大事な手続きにその印鑑を押してしまいますと、その印鑑を押したことによってすべての契約が成立してしまう可能性が高くなってしまうのです。なので絶対に大事なところにしまっておく必要があるのです。
また銀行印につきましては、こちらにつきましても重要な印鑑となってきます。銀行に口座がある方につきましては、通帳が必ずあります。その通帳からお金を引き出す際に、銀行口座を開設した際に押した印鑑を持っておくことによってお金の引き出しが自由に行えるようになっているのです。なのでその印鑑をなくしてしまったり他人に渡してしまったりしますと言って印鑑と通帳が揃っていることによってお金の引き出しが自由にできてしまうのです。そのためにも、通帳と印鑑を保管する際にはできる限り別々に置いておき、わからないようにしておくことがとても重要となってくるのです。

個人印鑑980円~、法人印鑑2,580円~、印鑑セットの場合単品より最大25%off! 平仮名、かたかな、ローマ字などお好きなデザインからお選びいただけます。 送料一律540円、5,400円以上の場合送料無料! 印鑑はすべて手仕上げとなり、品質には自信がある。 1~2営業日内で発送対応致します。 平日10時~18時までの営業時間、お気軽にお問合せください。 実印や銀行印も!印鑑を格安価格で作るならこちらへ

MENU

2017年08月07日
優良業者が作るこだわりの印鑑を更新しました。
2017年08月07日
自分だけの印鑑をネットで依頼を更新しました。
2017年08月07日
印鑑の種類と活躍する場を更新しました。
2017年08月07日
印鑑はきちんと管理するを更新しました。

Copyright(C)2017 社会人や起業家に必要な実印と銀行印の作り方 All Rights Reserved.